上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
20090131185811
売り出しの用意も順調に終わったので魚矢社員で焼き鳥、南蛮亭に来ています。南蛮亭、とても美味しいです。
スポンサーサイト

01/31|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
CA390170.jpg

名前:チュパカブラ
住まい:愛媛県
場所:減水野池
タックル
ロッド:シャウラ1653R
リール:カルコン100
ルアー:ハドルバグ
サイズ:35cm
コメント:久しぶりの投稿です。
今年の初バス釣れました∩^ω^∩
年末にネットでなんとか見つけた
ハドルバグ♪
スティルハントの楠本さんのホムペで旧吉にて松本さんとテストしたというレポートを見て買っちゃいました∩^ω^∩
マス針でズル引きにて釣れました(´ω`)

ハドルバグの流通量増やしてくださーい(´~`ヾ)
あとー、5匹で約2500円は厳しいですm(_禿_)m(笑)


フィッシュアローでは2009年フォトコンテスト開催中です。
詳しい応募方法はコチラ

皆様のご応募お待ちいたしております。

01/31|2009フォトコンテスト||トラックバック(0)TOP↑
2009JAN15-18020.jpg
2009JAN15-18007.jpg
2009JAN15-18030.jpg
2009JAN15-18029.jpg

名前 GO-YASUさん
お住まい 静岡県 島田市
ロケーション 静岡県 野池 
釣行日 1月18日(日) 14時30分から16時 天気 曇り
タックル ロット Megabass F4-66 
      リール シマノ カルカッタ コンクエスト 100 Bamguard チューン
      ライン 東レ バウオ 12lb
 ルアー Jig+バクラストン 4インチ #003 ネオンWM/ホロシャッド
       サイズ  42cm・44cm

コメント
2009年やっと初バスを釣ることが出来ました。 
今日こそ初バスGETすべく、朝一から近くの野池へ。
日の出前に野池に到着するも、池全体に氷が張っていて釣りが出来そうな所は、水温2℃。
残念だけど、氷が解ける 午後まで待つことにした。
13時から釣り開始するが、まだ氷が解けて無く氷を割りながらの釣り。
14時になり風も吹き始め凍りも解けやっと釣りが出来るようになるが、水温はまだ6℃!

ボトムを感じながらリフト&フォールで釣りすること30分、待望のバイト!!
楽しむ間もなくそく水揚げ! 上がってきたバスは、ドロ付きの42cm。
その後も、釣りをするがバイト無し・・・
釣り方を変えボトムに落とし早巻きするが、バイト無し・・

最後の1投と思いキャスト!

早巻きし始め「グググ!」と竿に重みが、バイトか!? 
と半信半疑で合わせると生命感が!!!

早巻きだったので、遊ぶ事無くそく水揚げ!(^^) 
1匹めより少し重めの44cm 900gのバスでした。 

水温6℃、真冬の1月に2匹も釣る事が出来 最高な1日になりました。


フィッシュアローでは2009年フォトコンテスト開催中です。
詳しい応募方法はコチラ

皆様のご応募お待ちいたしております。
01/31|2009フォトコンテスト||トラックバック(0)TOP↑
090114_120456.jpg


氏名 ひっとさん

静岡県

静岡西部地区野池

メガバス
F7-711X
ハドルスイマー3インチ+フットボールジグ


39センチ


今年の初バスゲットしました!
強風が吹き付ける中、寒さと戦いながら…

ハドルテールはやっぱりいい仕事しますね!
ボトムステイ時、テールだけ浮く姿勢がヤバすぎです!

サイズは微妙ですけど、うれしい初バスでした!


フィッシュアローでは2009年フォトコンテスト開催中です。
詳しい応募方法はコチラ

皆様のご応募お待ちいたしております。

01/31|2009フォトコンテスト||トラックバック(0)TOP↑
VFTS0060.jpg


VFTS0057.jpg



■ 氏名:岡田 淳芳さん
■ お住まいの都道府県:岡山県
■ 写真のロケーション(秘密でもOK!):岡山県の野池
■ タックル詳細
ロッド:デストロイヤーF4-71X
リール:アンタレス5
ライン:スーパーハードドリフト(東レ)
ルアー:ハドルスイマー3インチ+フットボールジグヘッド(3/8oz)
■ 魚のサイズ:51センチ
■ コメント:1月12日水温2度、雪がぱらつく3連休の最終日。
某雑誌の投稿用に釣行中。
冬だから釣れないか…と諦めていました。
最後のルアーチェンジで、ハドルスイマーをセレクト。
普通ならスピニングに軽めのジグヘッドをセットするのですが、
たまたま目についたフットボールジグヘッドにセット。
遠投して、ズル引きを始めてすぐのことです。
底に沈んだビニール袋に引っ掛かったようなあたりでした。
ゆっくりと引き寄せて来て、目の前でジャンプ!でかいっ!!
なんとかラインディング!でかい!!
極寒の中でも、この威力を発揮するハドルスイマーをあらためてリスペクト!
ありがとうハドルスイマー、今年もよろしく!


フィッシュアローでは2009年フォトコンテスト開催中です。
詳しい応募方法はコチラ

皆様のご応募お待ちいたしております。

01/31|2009フォトコンテスト||トラックバック(0)TOP↑
17001.jpg
17005.jpg
17010.jpg
17011.jpg
氏名  重ぱにさん

住まい 大阪府

釣り場 琵琶湖(西岸)

タックル メガバス(THP) F6-69X アンタレス フロロ16lb
      エアークラッシュ6.6inch 1/2ozテキサス(ラトル使用)
      

魚 59cm(4kgオーバー) (口閉・尾開測定)。

コメント 
  1/7(若潮)/西岸エリア。


  新年一発目の釣行です。
  湧き水が豊富な越冬エリアのブレイク周り。

  スピナベ(3/4oz)で50前半を捕った後に,エアクラのテキサス(1/2oz)で
  ひたすら丁寧に探ってコイツを水揚げしました。
  久しぶりに4kgUP(4kgまで計測可能の秤振り切り)の肥満魚に触れて嬉しかったです。

  ランディング後にカルティバフックが若干伸ばされていました(汗)。
  それにしても、プリプリな凄い腹周りでしょ?
  これがあるから寒くても通ってしまいます(笑)。


  厳寒期の琵琶湖は突風/高波で荒れることが多々あるので、
  事前に警報の有無・ポイントの下調べ・避難場所の確認をしておく事をお勧
  めします。  
 
  
  今年も記録級の特大サイズを狙って奮闘したいと思います。 


フィッシュアローでは2009年フォトコンテスト開催中です。
詳しい応募方法はコチラ

皆様のご応募お待ちいたしております。
 

01/31|2009フォトコンテスト||トラックバック(0)TOP↑
今年に入ってオーナーズギャラリーに写真を送って頂いていた見たいなのですが、ブログやオーナーズギャラリーに写真がアップされていなかったみたいですいません。
昨年の12月までで年間MVPを決めて、今年の1月から新たに月間賞を決めていこうと思っていたのですが、どう告知するかが分からず写真を送って頂いていたにも関わらずアップしていなかったみたいです。とりあえず今月写真を送ってくれた6人をアップします。勿論、月間MVPなども決めます。
年間MVPはフィッシングショーで発表します。
2月もどんどん写真をお待ちしています!
01/31|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090131105533
20090131105530
ハドルトラウトのウィードレスタイプのカラーサンプルが入って来ました。
カラーサンプルがあまりにも多いので厳選して5色に絞りました。そのうちの2色はゴースト系を採用しました。結構なまめかしくてリアルです。
ウィードレスタイプはボディ内部にフックが内臓されているので、今までのハドルトラウトの様なフッキングの邪魔になるような浮力体が入っていません。(フッキングもバッチリ!)
しかし、ボディ内部の中心部分がテールの先の方まで中空になっているので、空気室の様になって浮力を持たせているので湖底でも倒れません。
この倒れない姿勢がハドルストンのこだわりでもあり凄い所です。
このウィードレスタイプは立ち木やウィードなどの障害物周りに強いので、今まで表層まで誘い出していたバスを直接狙う事が出来るのでビックバス攻略の切り札になるかも知れません。ケン・ハドルストンが言うにはビックバスのバイト率がフック付きより30パーセントも良いようです。
01/31|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090130101316
20090130101313
今年もフィッシングショー大阪ではセミナーを行います。
7日、8日、両日とも11時30分からは森田ガイドと関根ガイドによる琵琶湖攻略法!
森田ガイドのヘビテキ話しや関根ガイドのハネジグヘッド話しなどをしてもらう予定です。
1時からは中村哲也くんによるビックバス攻略法!
昨年の琵琶湖、池原ダム、七色ダムでのロクマル捕獲話しや各フィールドの攻め方などについて話しをしてもらう予定です。
2時30分からは私のセミナーで新製品開発秘話!
各新製品の狙い所や使うタイミングについてや、より釣る為のチューニング方法などもお話ししたいと思います。
今回セミナーに参加してくれて、じゃんけんで勝った人には検品ではねたハドルシャッドのB品を多数用意しています。(1回のセミナーで30個位は出せると思います。)
検品ではねたB品なので見映えも悪く動かすまで使えるかどうかは分かりませんが、たぶん使えるものが多いと思います。もし使えなかったらすいません。(返品、交換は不可です。)
その他にも色々とプレゼントを考えているので是非セミナーに参加して盛り上がって欲しいと思います。
また横浜で行なわれる国際フィッシングショーはブースが狭い為、セミナーは行いませんが常にブースにいて水槽でアクションを見せながら説明していると思うので是非遊びに来て下さい。
01/30|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
一週間前から一人で頑張っていた引っ越しもひと段落しました。
引っ越しと言っても最寄り駅が”唐崎”から”堅田”になった位ですけど。

午前中に私用を済ませ、天気が良く温かかったので昼からは”新しい街”付近をのんびりドライブ。っと思っていたら湖西道路にのって北上していました。気がつけば大溝あたり。
少し車を止めて、水上警察付近でオカッパリをしている方とお話の相手をしていただくと「今日は、全く釣れません!!」とのこと。

更に北上すると雪国??まで来てしまいました。
090129-1.jpg
引っ越しのためまったくと言っていいほど釣り道具を積んでいなかったのですが、スピニングに6lb が巻いてあり、フォールシェーカーとマス針を車内から探し出し、漁港でオカッパリしてみました。

偏光越しに水中をのぞいてみると、20cm前後のちびっこ沢山や50UPは確認できませんでしたが、45cm位まではポロポロ泳いでいました。

フォールシェーカー5インチを少し深めのウィードにステイ&オフを繰り返すと7,8匹の元気っ子が相手をしてくれました。

フォールシェーカー5インチはグリパン系も試しましたが、本日は写真の”#218:ワインペッパー”に好反応でした。
090129-2.jpg
久しぶりに湖西、湖北のオカッパリで癒されました。

ロッド:モンスタークィーンNEO-S66L
リール:ステラ2500
ライン:よつあみ ニトロンD-ARM 6lb
ルアー:フォールシェーカー5 ワインペッパー


2009年度のガイドは、来年3月から12月のガイド予約を受け付けています。
3月、4月、GWまでは例年お問い合わせが多く倍率が高いのでお早めにお問い合わせください。
090-1413-7963/森田

01/29|琵琶湖プロガイド森田哲広レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090129103335
20090129103333
エアークラッシュクローは森田プロデュースの琵琶湖をメインとした釣りに必要なクローワームです。
3月・4月・5月にはテキサスでアシ際やマンメイドストラクチャーを打ったり、6月・7月・8月・9月・10月にはハネラバのトレーラーやヘビテキに使ったりと殆んどのシーズン使える頼もしいクローワームです。
このクローワームはボディ全体に浮力があるのでテキサスやヘビテキでも湖底でボディ全体を持ち上げる感じでバスにアピールします。またハネラバのトレーラーとしても使える様にと、テール(爪)の切れ目が裂けにくい様に切れ目の根元を円状にするなどのアイディアが盛り込まれています。これによって大きく鋭いアクションをするハネラバの時のテール切れが少なくなりました。また腕の部分も筋肉の様に張りを持たせあるのでフックにテールが絡みにくくなっています。ライトテキサスにも良いので野池でもエアークラッシュクローは使えると思うので発売が楽しみです。
01/29|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
プロトのシャッドテールもやっと煮詰まってきました。
昨日送られてきたプロトは最終プロトでありカラーサンプルでもあります。
私がノーシンカー、テキサスでのマキマキやスイミングラバージグで一番好きな”ウォーターメロンシード/ゴールドフレーク”です。

本日、色々なリグでスイムテストをしてみました。
ノーシンカー、3.5、5、7、8.8gテキサスリグ、ガンジグ・コアヘッドのトレーラー、3/8ozフットボール、写真ようにシンカーが付属してあるフックなどです。
20090128134524.jpg
ガンジグ・コアヘッド+プロトシャッドテール
20090128134123.jpg
本日テストした全てのリグにおいて満足いくアクションがでていました。
一安心です。

このシャッドテールに関してはまた後日詳しく解説する予定です。

2009年度のガイドは、来年3月から12月のガイド予約を受け付けています。
3月、4月、GWまでは例年お問い合わせが多く倍率が高いのでお早めにお問い合わせください。
090-1413-7963/森田

01/28|琵琶湖プロガイド森田哲広レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090128145203
昼から近くの野池にITジャック金森モデルとスティックジャックのアクションテストに来ています。
どちらとも思っていたより結構大変でアクションテストの為何度もサンプルを作り直しています。
特にスティックジャックは今日決めないと3月には間に合わないのでじっくりテストをしたいと思います。
01/28|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090128100424
エアークラッシュカーリーは関根ガイドプロデュースの11インチのビッグカーリーテールワームです。
関根くんは今までズームのオールドモンスターを使い数多くのビッグバスを釣っているのですが、エアークラッシュ素材の可能性からビッグカーリーテールワームを作る事になりました。写真下側がズームのオールドモンスターです。
比べて見ると分かりますがテールの幅がオールドモンスターより広く、少し長いのがわかると思います。
テールの大きさと長さがこのワームキモでもあります。
またエアークラッシュ素材はテールまで浮力があるので超スローリトリーブでもテールが動きます。たぶんカーリーテールワームの中でも、一番スローリトリーブで動くと思います。
この超スローリトリーブでも動くテールが関根くんが期待していたエアークラッシュ素材ならではの最大のメリットです。
また浮力のあるボディが止めている時に湖底でアピールします。
このワームはテキサスリグは勿論ですが、それ以外にボディにボリュームがあるのでヘビテキやヘビダンにも使う事が出来ます。
また今までのワームよりフォールスピードが遅いのでヘビキャロにもとても良いと思います。
関根くんや森田さんの基本コンセプトでもある流行りではなく“本当にガイドで使えるルアー”がエアークラッシュシリーズです!
01/28|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090127181045
20090127181043
PDチョッパーでの巻きラバで秦くんは53センチを釣りました。
私はノーバイトに終わりましたが色々と勉強になりました。
テスト中のシャッドテールワームも良い感じだったので楽しかったです。
帰りにセブンパームスさんにPDチョッパーを買いに寄りました。
01/27|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090127134914
20090127134912
PDチョッパーにプロトのシャッドテールワームを付けて巻きラバを勉強中です。プロトのシャッドテールワームとの相性も良さそうなので頑張ります。
けっこう荒れているのでスーパースプークが波に突っ込まないかもテストをしています。
01/27|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090127104218
20090127104216
今日は何故か俺達の秦くんに弟子入りして放置プレイを教えてもらっています。只今PDチョッパーにエアークラッシュクローをトレーラーにして放置中です。
秦くんは今年になってロクマルを4本も釣っているので期待大です。
釣れたら報告します。
01/27|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090126171422
今月号のバスワールドに楠本くんが登場しています。新製品のフォールシェイカー5.5インチやブラスターホッグでいっぱい釣っています。
この時期でも釣るとはさすが楠本くん。
01/26|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090126105212
ただ引き用ルアーの使い方はスローに変化を感じながらがキモだったのですが、このルアーは得意なシチュエーションやフィールドなどがあるので覚えておいて下さい。
ただ引き用のルアーの得意なシチュエーションとは風の無い日や風が当たらない場所がベストです。
この手のルアーは抵抗が少ないので風があるとラインが引っ張られて変化やバイトが取りにくくなります。また風が当たっていると波によってルアーの存在がかき消されてしまうので良くありません。
また得意なフィールドはクリアウォーターのリザーバーや天然湖などです。
マッディーウォーターでは他の波動の大きなルアーの方が効率が良いと思います。
これはただ引き用のルアーがアピール力が弱く、ゆっくりと見せてじらして釣るルアーだからです。
しかし、表層の波を切る“引き波系タイプ”はアピール力があるので野池などのマッディーウォーターでも良く効きます。
つまりこの手のルアーは使うシチュエーションやフィールドまた使い方を考えて使わなければノー感じのため何をやっているか分からなくなり、続けるのが難しいと思います。
しかし、キモさえ分かって信じて使えば今まで釣る事が出来なかった激スレバスを釣る事が出来る頼もしいルアーに変身するので一度使ってみて欲しいと思います。
01/26|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090125103346
シーバス用のルアーにはただ引きするルアーが多くあります。
私が知っている中でも動かないルアーの代表がエバーグリーンが出しているオネスティです。
このルアーはシーバス界のカリスマアングラー小沼正弥さんがプロデュースしているのですが、初めてこのルアーを使った時は本当に動かないのでビックリしました。
何も知らずに買った方は不良品かと思うぐらい動きません。
小沼さんとは良く話しをするのですが、このルアーは普通に引いている時は動かないのですが流れをとらえて水が噛む?瞬間にアクションするので釣れるそうです。
アクションしないルアーがアクションすると言う事はそこには何らかの流れの変化があると言う事のようです。
その変化こそがフィッシュイーターが捕食するきっかけや捕食の時に追い込む壁の様なものなのだそうです。
その壁を見つける為には常にアクションしているルアーでは見つけにくく、アクションしないルアーの方がベストだと言う事なのです。
つまり動かないルアーのキモの2つ目は流れの変化が捕らえやすくルアーがその変化に敏感に反応する(バランスを崩す)事なのです。
池や湖、ダムでも流れの変化や湖流は存在するので動かないルアーを使う時は変化や壁を感じながら使ってみて下さい。
集中してリトリーブしていると流れが変化するのが巻き心地の違いで分かると思います。(重くなったり、軽くなったりする感じです。)
つまりこの手のルアーは出来るだけスローに流れの変化を感じながら釣るのがキモだと言う事です。
次回は使うシチュエーションやフィールドについてのキモを説明したいと思います。
01/25|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090124105742
ツネミさんの売り出しの時に紹介したT.H.タックルさんのブライス65を手に入れました。
このルアーには垂直浮きのフローティングタイプとシンキングタイプがあります。
フローティングタイプは水面を切り裂く引き波でバスを釣る感じです。
シンキングタイプは水面直下を殆んど動かない状態でアクションします。
ホームページを見るとフローティングタイプは全て水槽で浮き姿勢をチェックするこだわりようです。
シンキングタイプはあごの下に樹脂タングステンが出ていて微調整が出来るのが特徴のようです。
ただ引き用のルアーにはキモがいくつかあります。
このキモを分かっていて使うかどうかで釣果に差が出るので是非覚えておいて下さい。
1つ目のキモは見に来たバスが思わず口を使うボリュームとスピードにあります。
ボリュームとは食っているベイトに合わせるのがベストです。
数を釣るためなら小さなボリュームの方が口を使いやすいとは思うのですが、この手のルアーはアピールが弱いのでバスに見つけてもらえない状況があるので小さければ良いと言うものでも無いと思います。
それとルアーの動くスピードですが、限りなくスローが良く、興味を示したバスが思わず口を出してしまうぐらい“じらす”のが最大のキモになります。
シビアな状況になればなるほどスローにリトリーブ出来るかどうかで決定的に釣果に差がつくので間違いではないと思います。
これはノーシンカーのスローフォールやジャーキーJのライブベイトリグ、そしてサスペンドルアーのストップにバイトするのと同じで、たまらず口を使ってしまうのだと思います。
ちなみにジョインテッドクローやローファイもただ引き用ルアーと同じで、どれだけスローにリトリーブ出来るかで釣果に差が出ます。
明日は2つ目のキモについて説明したいと思います。
01/24|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090123102435
先日のツネミさんの売り出しの時にサンスイさんでただ引き用のトローリングペッパーと言うものを買いました。
本当はシングルフックを付けてトローリングでトラウトを釣るルアーだと思うのですがトレブルフックを付けてアクションを見てみました。
このルアーは水平浮きなのですが、ただ引きすると頭を少し突っ込んだ形でボディを揺らす様なゆるいローリングをします。
このゆるいローリングが結構良い感じです。
フックがテール部分にしか無いのでこのゆるいローリングが出るのだと思います。
絶対にバスにも効くと思うのでもう少し研究したいと思います。
01/23|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090122104852
関東では数年前からハンクルのK‐I65のリップをカットしたものをただ引きで使うのが一部で流行っています。
K‐I65リップレスチューンは1メートルぐらい潜り、アクションは全くしないまるで棒の様なものなのですが、なぜかその動かないルアーが釣れると言う事でした。
私も直ぐに試してみたのですが、その時は“ピン”と来ませんでした。
“正直なんでもいいやん”が感想でした。
しかし、この動かないルアーには良く効くフィールドや状況などのキモがありました。
このキモが分かって使わなければあまり効果的で無いのもただ引き用のルアーの欠点でもあります。
しかし、キモが分かっていて状況がハマれば最強ルアーにも変身します。
キモについてはまたゆっくり説明したいと思います。
01/22|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090121100328
イタリアのプロスタッフのアレサンドロからイタリアのモリックスと言うルアーメーカーのワームが送って来ました。
このメーカーのワームはボディのウラ側の一部がヒダヒダになっているのが特徴です。
デザインや出来はあまり良くはありませんが素材は良い感じなので釣れると思います。
昨年はイタリアのフィッシングショーにも行ったのですが、バスフィッシングが伸びてきている国なだけにこれから面白いルアーが出てくる可能性があると思います。
01/21|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090120105750
2009年度のバスマスターメンバーのカードとワッペンそして機関誌が送って来ました。
メンバーに入っているからと言ってトーナメントに出るわけでも無いのですが、バスフィッシングの本場への憧れだけで、なぜかメンバーに入っています。
しかし、ここ5、6年ぐらい年に2回、アメリカに行くようになってアメリカの現状やフィールドの違い、どんなルアーがあるのかなどもだいぶ分かって来たのでアメリカへの憧れも少なくなりました。
ルアーの性能、クオリティに関したら間違いなく日本が最先端だと思います。
アメリカに行く度に思うのですが、日本で見たことがないルアーを探す方が難しいぐらい日本には色々なルアーが入って来ています。その上、最近はアメリカも一時の日本の様に売れたものをコピーする傾向になっています。
(バストリックス、チャターベイト、多連結ルアー、など)
しかし、突如としてハドルストンの様な凄いルアーが生まれたり、どうやって使うのか考えさせられる奇抜なルアーが出て来たりするのもアメリカなので無視は出来ません。
01/20|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090119194729
中村くんと梅ちゃんと浜ちゃんともつ鍋に来ています。
今年初の飲み会なので楽しいです。
梅ちゃんはなぜかスーツです。
01/19|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090119161841
20090119161832
20090119161824
関根くんとの打ち合わせも早めに終わったので昨年の11月末にオープンしたポパイイオンモール草津店に立ち寄りました。
ここは近江大橋を渡って直ぐに出来た巨大なイオンモール内にあるショップと言う事でどんな感じかとても興味がありました。
初めて行ってみて感じたのは、とても分かりにくい場所にあるなぁーと言う事でした。
店舗はイオンモール内とは別棟のスポーツ&レジャー棟のスーパースポーツゼビオと言う大きなスポーツ用品店の一画にあります。
普通にイオンモール内に近い駐車場に止めると結構歩く感じになってしまいます。
ポパイさんだけ行くなら駐車場のHに止めると直ぐです。
駐車場はめちゃくちゃ広く駐車料金も無料なのでゆっくりと選べます。
お店は琵琶湖をメインにした商品構成になっていて、店員さんも良い感じの方なので琵琶湖に来られた際は一度行ってみて下さい。
01/19|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090119145416
20090119145410
関根くんとの打ち合わせでスーパースプークのカラーが決定しました。
アユ、ピーコック、ブルーシャッド、HOS・Okieシャッド(イエロー)、HOS・Okieシャッド(ピンク)の全5色です。
全て反射板入りのがまかつフック採用です。
琵琶湖で釣りをされる方は是非どうぞ。
関根くんもブログ用に写真をパチリ!
01/19|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090119114301
20090119114251
今日は関根くんと琵琶湖のファミレスで打ち合わせなので琵琶湖に来ています。少し早く着いたので近くでモンスタージャックJr(ハイフロート)のアクションテストをしています。
琵琶湖の波のある日でも使えるハイフロートバージョンのモンスタージャックJrを目指してテスト中です。梅雨のシーズンに間に合うように作りたいと思います。
01/19|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
20090118140456
今日は今年初のスケートになみはやドームに来ています。
大勢の人がスケートを楽しみに来ています。
01/18|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Author:fisharrow
フィッシュアロー最新NEWS記事や スタッフ・サポートプロの徒然釣行日記です。

フィッシュアロー

Facebookページも宣伝
オススメコンテンツ
オーナーズギャラリー フィッシュアロースタッフ・フィールドレポート APS-TVザ・ストロングパワーベイト 琵琶湖バスフィッシングガイド森田哲広氏のブログ 琵琶湖バスフィッシング情報BRUSH(ブラッシュ) ルアーフィッシングの激ヤバ情報サイト「ルアーニュース.TV」 FishigEX スカパー「フィッシングパラダイス」
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
携帯からも
QRコードで簡単アクセス
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。