上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
DSC_1519.jpg
昨日、大活躍だったエアバッグバグとエアバッグフロッグについて詳しく説明したいと思います!

まずは、エアバッグバグについて!

IMG_2279_400.jpg

エアバッグバグは、ワーム素材の中空タイプの“虫系”ワームになります!
中空タイプなので、オフセットフックでも浮くと言ったメリットとバイト時に
つぶれるのでフッキングが良いと言ったメリットがあります!

エアバッグバグの空気室は、“背中側が薄く”、“お腹側が厚く”出来ています!
この部分が時間もコストも掛かった、こだわりの部分です!
(ちなみに空気穴がある方がお腹側です!)
ダンメン

これは、マス針をチョン掛けにした時の“着水姿勢”を
フックが出来るだけ“上”に向くようにするためです!

また、“お腹側を厚く”したことで、オフセットフックをセットした時の
“ぐらつき”を抑える効果もあります!
中空なので、肉厚がないとオフセットフックがぐらつきやすいです!

また、エアバッグシリーズの特長でもある“空気穴”は、
バスが吸い込むようにバイトしただけでもボディがつぶれて空気が抜けるので、
口の中に入りやすい(フッキングしやすい)と言った効果があります!
(28日のザ ヒットを見てもらえれば分かると思います!)

また、“虫の重要ポイント”でもある“シリコンラバー”も、
“長さ”や“本数”にもこだわりましたが、
IMG_2277_400.jpg

“抜けないように”、
ボディ内で“結び目”を作ったうえ、ボディとの“接点4箇所をボンドで接着”
するなどのこだわりがあります!

IMG_2279_400_b.jpg

これは、中空ボディにシリコンラバーを刺しただけだとキャスト時に抜ける恐れがあるうえ、
ブルーギルにシリコンラバーをつつかれると確実にシリコンラバーが抜け落ちてしまうので、
それを防ぐための対策です!(かなり手間がかかっています!)

それ以外にも、飛距離が出やすいように、“弾丸型”のデザインを採用するなど、
かなり考えて作った“完成度の高い虫系ワーム”だと言えます!
お盆休み前に年内最後の出荷を予定しているので、是非ゲットして使ってみて下さい!
DSC_1522.jpg

明日は、エアバッグフロッグについて説明したいと思います!
スポンサーサイト

08/06|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

fisharrow

Author:fisharrow
フィッシュアロー最新NEWS記事や スタッフ・サポートプロの徒然釣行日記です。

フィッシュアロー

Facebookページも宣伝
オススメコンテンツ
オーナーズギャラリー フィッシュアロースタッフ・フィールドレポート APS-TVザ・ストロングパワーベイト 琵琶湖バスフィッシングガイド森田哲広氏のブログ 琵琶湖バスフィッシング情報BRUSH(ブラッシュ) ルアーフィッシングの激ヤバ情報サイト「ルアーニュース.TV」 FishigEX スカパー「フィッシングパラダイス」
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
携帯からも
QRコードで簡単アクセス
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。