上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑



チャターベイト系の最大の弱点は、「障害物回避能力の悪さ」でもあると思います!(オープンウォーターでは、ノーマルのチャターベイトでOKです!)
その弱点を克服したのが、オフセットフックを標準装備した“ウィードレスバージョン”なのです!(かなり画期的な“チャターベイト”だと思います!)
“ウィードレスバージョン”は、障害物の際や障害物の中を通せるチャターベイトなので、“ただ巻き”はもちろんですが、ラバージグのように障害物の中を“リフト&フォール”で狙うことが出来ます!
特にリフト&フォールのリフト(ロッドを持ち上げる時)の時にブレードが水を切り裂くのですが、その“波動”がバスにとっては、“アピール”&“新鮮”なのでスレたバスが口を使うのだと思います!(ファーストインパクト!)
(もちろん活性の高いバスは、ラバージグのように、カバーにルアーを入れただけで釣れます!)
また、“ウィードレスバージョン”だと「フッキングが悪いのでは?」と思われる方がいると思うのですが、チャターベイトのブレードがハイピッチに水を切り裂く波動を起こすのでバスは、“本気喰い”(激しいバイト)するのでフッキングが良いので問題ありません!(フッキング後は、ヘッドとフックが固定されていないのでバラし率が低いです!)
先日のロッド&リールの陸っぱりロケやザ ストロングパワーベイトのでも“巻いても”釣れ、“リフト&フォール”でも釣れました!
特にカバーの中を“リフト&フォール”出来るチャターベイトは、「DKチャター・ウィードレス」と間もなく発売の「KOチャター・ウィードレス」だけなので試してみて欲しいと思います!
ビッグバスをより多く釣る秘訣は、人と同じようなルアーを同じようなポイントで使うのではなく、バスにとって初めて見るルアーだと思わせることだと思います!(ファーストインパクトルアーは、間違いなく釣れます!)
フィッシュアローのチャターベイトシリーズ(KOチャター、DKチャター、DKチャター・ウィードレス、KOチャター・ウィードレス)を使いこなせば、あらゆる状況のバスにも対応出来ると思うので使いこなして欲しいと思います!!
スポンサーサイト

05/11|フィッシュアロースタッフ松本レポート||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール

fisharrow

Author:fisharrow
フィッシュアロー最新NEWS記事や スタッフ・サポートプロの徒然釣行日記です。

フィッシュアロー

Facebookページも宣伝
オススメコンテンツ
オーナーズギャラリー フィッシュアロースタッフ・フィールドレポート APS-TVザ・ストロングパワーベイト 琵琶湖バスフィッシングガイド森田哲広氏のブログ 琵琶湖バスフィッシング情報BRUSH(ブラッシュ) ルアーフィッシングの激ヤバ情報サイト「ルアーニュース.TV」 FishigEX スカパー「フィッシングパラダイス」
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
携帯からも
QRコードで簡単アクセス
QRコード
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。